イベント

「没後20年藤沢周平展」4/15〜6/4@姫路文学館の紹介

投稿日:


路上のブドウちゃん
今日は姫路文学館で行われている没後20年 藤沢周平展を紹介いたします↓

概要

なぜこのことがわかったかというと文学館の入り口にでっかい看板がでていたからですHP情報など踏まえて展示(開示)しておきます↓( ^ω^ )↓

「没後20年藤沢周平展」
【会 期】
2017年4月15日(土)~6月4日(日)
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日/月曜日(5月1日は開館)
※4月29日~5月7日は休まず開館
【会 場】
姫路文学館 北館 地図はこちら
【観覧料】
 一般700円、大学・高校生400円、中学・小学生200円
※20名以上の団体は2割引
※常設展示も観覧可

 

姫路文学館
上記リンク先によると

没後20年 藤沢周平展

「蝉しぐれ」「たそがれ清兵衛」「橋ものがたり」・・・。

作家・藤沢周平の時代小説は、たとえば藩命で暗殺者となった下級武士や、博打で身を滅ぼす男を愛し続ける女など、美しくもはかない登場人物たちを通して現代社会にも通じる組織内の不条理や男女の心の機微を描き、多くの共感を得ています。

本展では、今年没後20年を迎えた藤沢周平の足跡や豊かな作品世界を、作家自身がのこした文章をたどりながら原稿、創作メモ、愛用の品や挿絵、装丁画などで浮かび上がらせるとともに、故郷への思いや普通であることの尊さを見つめ続けた生き方にも迫ります。

路上のブドウちゃん
美しくもはかない登場人物を書いた、藤沢さんがどんな人物か知りたいですね

まとめ

路上のブドウちゃん
姫路城から近い文化施設の一つ、姫路文学館である「没後20年藤沢周平展」にいってみよう!!→「普通であることの尊さを見つめ続けた生き方」にも迫る藤沢周平の作品がどんな人物か教えてくれるはずです!約二ヶ月行われていますのでみなさんもいってみてはいかがでしょう

関連→姫路文学館


The following two tabs change content below.
ブドウ ちゃん

ブドウ ちゃん

姫路ローカル情報バラエティーサイト『姫路の種』の編集長です。1万人(匹)の似顔絵を描く伝説の男です。世界文化遺産姫路城REGGAE実行員長です。姫路ランニングコミュニティーブドウRC会長です。姫路をグローバルに進行中!昔、お笑い芸人に挑戦して6年で挫折。全世界のみなさんよろしくお願いします

アドセンス(ランダム)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ブドウ ちゃん

budouchan

姫路ローカル情報バラエティーサイト『姫路の種』の編集長です。1万人(匹)の似顔絵を描く伝説の男です。世界文化遺産姫路城REGGAE実行員長です。姫路ランニングコミュニティーブドウRC会長です。姫路をグローバルに進行中!昔、お笑い芸人に挑戦して6年で挫折。全世界のみなさんよろしくお願いします

-イベント
-, , ,

Copyright© 姫路市のローカル情報サイト!裏観光情報も , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.