飾磨に一意専心「白」がオープン!実際に食べてきた!

飾磨に一意専心「白」がオープン!実際に食べてきた!

くろみん
どうも!鉄板で焼くところを見るのが好きなくろみんです!以前にも記事に書いた一意専心 白が飾磨区構の創作ダイニング花ひな跡にオープンしたので実際に食べてきました。

こちらです。

地図↓

住所は兵庫県姫路市飾磨区構2丁目120 中央大路沿い 創作ダイニング花ひな跡です。

場所はどのへん?

中央大路をはさんで向かいには、ザ・めしや 姫路飾磨店があります。

こっちには、イセダ屋中地店や、スズキアリーナ姫路があります。

反対側には、MINI 姫路や、ビッグモーター 姫路中地店があります。

開店は9月26日

こちらです。
店頭に、「9/26(土) AM11:00~ 開店 一意専心 白」と書かれたのぼりが立っていました。

店内の様子

店内にはいって右側にはテーブル席があります。
窓から見える中庭の植物にいやされますね。

左側には厨房をかこんでカウンター席があります。
鉄板や藁焼きブースがあり、お肉などを鉄板で焼くところを見ることができます。
揚げ物などは奥にある厨房で調理しているようでした。

実際に食べてきた

くろみん
私は、イタリアンコース PRANZO(プランツォ)2,000円(税別)を注文しました。コースなので、順番に出てきました。料理が出てくるたびに詳しく説明してくださったのですが、多すぎて覚えきれなかったので、写真で楽しんで下さい。

玉手箱です。
箱のふたを取ると中からけむりが出てきました。
ぎんなん、トマトとチーズを串にさしてジェノベーゼソースをかけたもの、なしに生ハムを乗せたもの、フォカッチャの上に茄子を乗せたものなどが入っていました。
おもしろい趣向ですね。

揚げなす、れんこんチップ、トマトのアンチョビ入りバター添えです。
このアンチョビ入りバターが絶品のおいしさでした。

フォカッチャです。
さきほどのアンチョビ入りバターを塗っておいしくいただきました。

キッシュです。
とても柔らかくてしっとりしていました。

パスタです。
ハモ、ベーコン、ピーマンなどがはいっていました。
歯ごたえのあるゆで加減で、ソースもとてもおいしかったです。

はちみつとバルサミコ酢のソースの上に、鴨、安納芋、野菜が乗っていました。
はちみつの甘さが印象的でした。

あさりのリゾットです。
ほたての貝殻の中にはいっていました。
食べる直前に上からチーズをかけて下さいました。
とても濃厚な味でした。

デザートのティラミスです。
真ん中の層はシロップたっぷりでした。

同行したアルテイシアちゃんは、懐石【白】1,800円(税別)を注文しました。↓

前菜です。

タイのみぞれ添えです。

揚げ出し豆腐ののりソース添えです。

アボガド、トマトのジェノベーゼソースあえです。
上に乗っているカリカリに焼いたパンに乗せてカナッペのようにしていただいていました。

エビカツサンドです。
自家製のパンということでした。

5種盛りです。
カブのゆずソース添え、肉巻き、ぎんなん、はも、安納芋を揚げたものでした。

きのこの炊き込みご飯、みそ汁、香の物です。
みそ汁は少しピリ辛していたようです。
おかわりできるという事だったので、炊き込みご飯は1回おかわりしていました。

メニュー

昼の部のメニューです。
懐石『白』、懐石『一意専心』、イタリアンコース PRANZO(プランツォ)の3つのコースがありました。

まとめ

以前にも記事に書いた一意専心 白が飾磨区構の創作ダイニング花ひな跡に9月26日にオープンしたので実際に食べてきました。
創作料理という感じで、どれも手の込んだ工夫の凝らされた料理で、目にも楽しめました。
北条口にある一意専心のレベルを百とした時に、少しだけカジュアルにしたという意味で、百から一を引いた白を店名にしたそうです。
目の前の鉄板で料理しているところを見るのも楽しかったです。

くろみん
夜の部も充実したメニューがそろっていました。

◉スピード検索
公式HP
googleマップ

※情報は掲載時のものです。

姫路近隣の開店閉店まとめ2020

2017年1月3日