素材と香り伝統の調理方法にこだわった『たけだの穴子めし』がオープン!【姫路の種宣伝部】

素材と香り伝統の調理方法にこだわった『たけだの穴子めし』がオープン!【姫路の種宣伝部】

こんにちは!播州のあなご好き主婦、さおりんごです。
8月7日(金)姫路駅前に『たけだの穴子めし』がオープンしました!

10:00のグランドオープンより一足早く、8:30からレセプションがあるということで、ブドウちゃんとお邪魔してきました!

場所はどのへん?

まねき食品が本気で作る穴子めし「たけだの穴子めし」が味三昧駅前本店跡にオープンするみたい!

2020年7月27日

姫路駅目の前!フェスタビルの大手前通り側の一角にあります。以前は味三昧駅前本店があった場所です。詳しい場所は以前の記事をご覧ください。

素材と香り、伝統の調理方法にこだわった『たけだの穴子めし』

「あなご飯」1折 1,782円(税込)

『たけだの穴子めし』は、素材と香り、伝統の調理方法に特にこだわった逸品なんだそうです。

厳選された肉厚の穴子を丁寧に白焼きし、煮だれで炊き、ゆっくりと時間をかけて穴子の出汁を煮詰めたたれをまとわせ、それをサッと炙り表面をカリっとさせることで生まれる食感。”日本人なら誰しもおいしいと感じる味”に仕上げられているそう。

穴子との相性を考え選び抜いた米は兵庫県産「きぬむすめ」。羽釜でふっくらと炊き上げています。仕上げには西脇産のゴマ「金播磨」をひとふりし、香ばしさと食感をプラス。小脇に添えられたお新香は穴子めしが進む最高のお供となるそう。

明治21年の創業以来穴子の御寿司を販売しているというまねき食品が、とことんまでこだわった姫路の新名物『たけだの穴子めし』の誕生です。

出来立ての提供にこだわる1時間あたり40食限定穴子めし

8月7日(金)開店当日。グランドオープン直前の店内を見せていただきました。
お店に近づくにつれ、食欲をそそる穴子のたれの香りが、マスクをすり抜けて私の嗅覚に届きました。めっちゃええ匂いや…
白焼きの穴子を秘伝のたれで煮てサッとあぶって絡ませて…店舗内では、作っているところを見ることができます。

お米用の大きな羽釜です。穴子の出汁を含ませて炊いているそうです。ベストな状態で炊ける量だけを炊くというこだわり!

じゅうぶんに穴子の出汁を吸い、茶色く炊きあがったごはんには、金ゴマがふりかけられています。

肉厚の穴子が丸ごと一尾分。丁寧にカットされ、

ご飯の上に隙間なく置いていきます。

穴子めしに合うものを…と選ばれた3種のお漬物。(奈良漬、しば漬け、生姜)

完成!お行儀よく並んだ、つややかな穴子ちゃんたち。肉厚ですね~!

たけだの穴子めしは、お持ち帰り専門店です。出来立ての提供にこだわっているため、穴子めしの生産量は1時間あたり40食なんだそう。現在は『たけだの穴子めし まねき本店』でのみ販売。つまり、ここでしか買えません。

メニュー

メニューはこの2通りのみだそうです↓

・たけだの穴子めし   1折 1,782円(税込)
・たけだの穴子めし(小)1折 1,296円(税込)

つまり、選べるのはサイズのみ。穴子めしに全力を注いだ、穴子めし専門店です。

実際に食べてみた!

こだわりの詰まった穴子めし、早速いただきました。うわぁ~、めっちゃえぇ香りや~!

まずはブドウちゃんが一口食べた感想。
「身がぷりぷり!こんな穴子は食べたことない!美味しい!」

ぷりぷり?穴子が?と思いつつ、私もいただきました。
「うまっ!ほんまや、ぷりぷりや!弾力すごいですね!」

しっかりと穴子を味わえる食べごたえ。香ばしさとたれの甘辛さ、弾力ある穴子を噛むごとにあふれる幸せ。
米好きの私的には、使用されているごはん(キヌムスメ)は、甘みがあり冷めても美味しい品種だと認識しています。まさにお弁当向き。


これを穴子の出汁で炊くことによって、お米に秘められた甘さと穴子の旨味が無限の可能性を引き出しているように感じました。羽釜パワーと水加減も含め、ベストな炊きあがり!
さらに香ばしい金ゴマが、ホンマにえぇ仕事してます!

このままでもめっちゃ美味しいんです。が、ちょっと刺激が欲しくなったらお好みで↓


食欲増進の名脇役、山椒が添えられていたのでフリフリ。「和歌山県産ぶどう山椒」という品種だそうです。
発注後に挽いたものをパッキングしているそうで、小袋を開けた途端、ふわっとピリッと刺激のある独特の良い香り。甘辛い風味の穴子のタレが締まります。


脂っこさやしつこさも無く美味しくいただけますが、「お口直しに」と添えられたお漬物をかじるとスッキリして、これまたパクパクいけちゃいます。

ごはんの量は1膳より少し多めくらい、穴子まるまる一尾分。あっという間にペロリと完食です。満足!

グランドオープン当日の様子


(8月7日10時グランドオープン直後の様子)

グランドオープン直後は、3~4折ほど購入している方が結構おられたようです。実際に買いに来ていたお客さんにお話を聞いてみたところ、姫路の方だとおっしゃっていました。良い匂いにつられてか、気になっている様子の方もちらほら。


お昼(12時頃)に買いにいったブドウちゃんによると、行列ができていて予約でいっぱいで買えなかったそうです。
姫路といえば穴子、穴子といえば姫路。楽しみにしていた方も多いのでは。

予約販売はこちら


(ちょっぴりシャイな女将さん)

時間当たりの販売個数に限りがあるので、ご予約での購入がおすすめです。

QRコードもあります。 たけだの穴子めし公式Instagram

View this post on Instagram

… 当店の穴子めしは ぜひ、出来立てを味わって頂きたい。 そんな思いで、丁寧に仕上げております。  出来立てをご用意させて頂きますので お渡しまでお時間をいただく場合がございます。 また、時間あたりの販売個数に限りがございます。  スムーズにお買い求めいただける様 ご予約も承っておりますので、 ぜひ、ご利用くださいませ。  ご予約フォームへは、写真のQRコード または下記URLよりアクセスくださいませ。  https://airrsv.net/takedano-anagomeshi/calendar  〈ご予約フォーム〉でのご予約方法〉  QRコード、またはURLから〈ご予約フォーム〉へアクセスください。  表示されたカレンダーから、お受け取りになりたい 日時をタップし「内容確認・予約へ進む」ボタンをタップしてください。  ご予約内容の「予約人数」のところに、ご注文個数をご記入し 下部の「予約する」ボタンをタップし、表示されたページで ご予約内容をご確認ください。 🔸ご予約人数=ご予約個数となります。(10人→10個)  ご予約者様情報を全てご記入いただき、「確認へ進む」ボタンをタップ。 次に表示されたページのご予約内容をご確認いただき、 「上記に同意して予約を確定する」ボタンをタップしていただくと、 ご予約完了となります。ご予約者様情報にて記入したいてだいた メールアドレスに予約内容ご確認のメールが届きますのでご確認ください。  ご予約のお時間に店舗にご来店ください。商品をお受け取りいただけます。   ○たけだの穴子めし………一折/1,650円[税別] ○たけだの穴子めし(小)…一折/1,200円[税別]   たけだの穴子めし まねき本店 2020年8月7日(金)10時グランドオープン 兵庫県 姫路市 駅前町 363-1 (旧 味三昧 駅前本店)  ※当店はお持ち帰りのみの販売となります。 ※一番美味しい状態でご提供させて頂きますので 時間あたりの販売個数に限りがございます。 ご予約・またはお電話にて お問い合わせください。  #たけだの穴子めし #あなごめし #穴子  #姫路 #姫路市 #姫路駅 #山陽本線姫路駅  #姫路城 #姫路土産 #姫路グルメ  #まねき食品 #hitorigoto @hitorigotopr

A post shared by たけだの穴子めし まねき本店 (@takeda_no_anagomeshi) on

予約をしておけばスムーズに購入することができます!
ご予約フォーム
079-223-8652

まとめ


(まねき食品の竹田社長、岩本さんと)

8月7日(金)グランドオープンの『たけだの穴子めし まねき本店』にお邪魔してきました。
店内には穴子のタレの良い香りが漂い、職人さんが穴子めしを作っているところを間近で見ることができます。女将さんが着物で対応してくれるという高級感も。

とことんまでこだわった『たけだの穴子めし』は、穴子の身がぷりっぷりで香ばしさと弾力があり、ごはん、金ゴマ、山椒、香の物まで、主役の穴子に合うように計算されつくしていると感じました。まねき食品さんの本気とこだわりが凝縮されています。

お花見やお月見など姫路城近辺での行楽、手土産やおもてなしにも良さそう。個人的にはちょっといいことあった時や、元気出したいな~って時にも食べたいと思いました。

『たけだの穴子めし』、姫路の新名物の誕生です!

店舗情報

店名 たけだの穴子めし まねき本店
営業時間 9:00~20:00 
定休日 なし
住所 兵庫県姫路市駅前町363-1(map)(旧 味三昧駅前本店)
電話番号 079-223-8652
関連 まねき食品公式HP  たけだの穴子めし公式Instagram

(味三昧駅前本店)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

さおりんご

姫路の山手育ちのアラフォー主婦。 4歳児を抱え、待機児童問題について真剣に考えていなくもない、引きこもりのウェブライター(修行中)。前職は魚町のスナックのママ。前世は桜えび。 口癖は「激しく」「かたじけない」