兵庫県立歴史博物館でやってる特別展「驚異と怪異-モンスターたちは告げる-」に行列できてました

兵庫県立歴史博物館でやってる特別展「驚異と怪異-モンスターたちは告げる-」に行列できてました

さおりんご
歴史博物館の「驚異と怪異ーモンスターたちは告げるー」に行列ができていました↓

驚異と怪異ーモンスターたちは告げる、という特別展が人気のようなのでお知らせします!

特別展 驚異と怪異-モンスターたちは告げる-

ブドウちゃんが見つけた看板↓

兵庫県立歴史博物館で、特別展「驚異と怪異-モンスターたちは告げる-」が開催されています。期間は6月23日(火)~8月16日(日)。
歴史博物館公式HPによる情報をまとめると↓

不可思議ではあるが実在するかもしれない「驚異」。ヨーロッパや中東では神の偉大な力を示すものととらえられ、自然に関する知識の一部として伝えられた。
東アジアでは流星や異形の生き物の誕生などの通常とは異なる現象を、天や神仏からの警告である「怪異」としてとらえ、歴史書のなかに記録されていた。

とのことで、『国立民族学博物館所蔵の民族資料を中心に、人魚、竜、怪鳥、一角獣など、さまざまな世界の想像上の生き物について紹介するとともに、警告・凶兆(モンストルム)を語源とする怪物(モンスター)の文化史的な意味についても考えてみたい』とありました。

この特別展について↓

・新型コロナウイルスが再度感染拡大した際には、会期が変更になる場合がある
・展示室内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合がある
・オンラインチケットで事前予約の上観覧できる(チケット販売はこちら
・館内でもチケット購入は可能入場制限により長時間待つ場合がある
との注意書きがありました。すでに前売券や招待券を持っている方はそのまま利用できるそうです。

歴史博物館の新型コロナウイルス対応について、詳しくはこちら

まとめ

博物館の壁にもポスターが貼ってありました↓

今朝行列ができていました。6月23日(火)~8月16日(日)兵庫県立歴史博物館で、特別展「驚異と怪異-モンスターたちは告げる-」が開催されています。
人魚のミイラや件(くだん)のはく製、カッパの頭など不可思議な展示物のほかにも、今年、コロナウイルスの流行により話題となっている肥後国海中の怪(アマビエの図)も展示されているようです。

さおりんご
展示物のラインナップがすごいです…。気になる方は、覗いてみてはいかがでしょうか!

驚異と怪異-モンスターたちは告げる-

開催期間 
令和2年6月23日(火)~8月16日(日)
場所 兵庫県立歴史博物館(姫路市本町68)【MAP
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・休日の場合は開館。翌平日が休館)
料金  大人1,000円 大学生700円 高校生以下無料(詳しくはコチラ)
駐車場 なし 
関連 兵庫県立歴史博物館公式HP 

 

ABOUTこの記事をかいた人

さおりんご

姫路の山手育ちのアラフォー主婦。 4歳児を抱え、待機児童問題について真剣に考えていなくもない、引きこもりのウェブライター(修行中)。前職は魚町のスナックのママ。前世は桜えび。 口癖は「激しく」「かたじけない」