姫路アーモンドバター発祥の店「マテンロウ」の「アーモンドトースト」を食べてきた!【姫路グルメの種】

ブドウちゃん
どうも!姫路アーモンドトーストの食べれるお店をまとめようとその流れで姫路グルメにそこそこ詳しいゆきちゃんのおすすめマテンロウにカメラマンかすみんといってきました!

飛ぶかすみん↓


姫路駅から車で約10分、花田にあります。2号線沿いを少し入った所に葉っぱに覆われて隠れ家のようにしてある摩天楼。カスミンは意外とアーモンドトーストが大好き。

店内の様子

めっちゃ写真ぶれていますが、映画の世界にきた感じ( ^ω^ )。行ったのは平日のお昼12時30分ころとあって、駐車場も店内も満席に近かったです。
お店の張り紙によると、マテンロウの意味は、『ニューヨークの街並み』、20年前のポールニューマン主演の映画「ハスラー」にでてきたプールバーが「マテンロウ」。今のお店のテーブルはビリヤード台と同じ?(大理石)が使われているそうです。

奥の雰囲気のあるフロアはは満席だったので入り口入ってすぐの席へ!
かすみんによると『大理石、が、昔テイストでありながら、ノスタリジーもあり、どこかスタイリッシュでもある。』とのこと。

メニュー

アーモンドトーストのメニュー↓

おすすめランチメニュー↓

店員さんによると、人気は日替わりランチだそうで、この日は水曜日だったので、摩天楼自慢のデザートが付きます。隣の席のサラリーマン風の6名様がすべて日替わりランチを頼まれていました。大人気のようです!、、が!我々の目的は、、↓

アーモンドトーストセット700円

かすみんが注文↓


単品なら450円(ミニサラダ付き) パンメニューには全てミニサラダがついています。

超ボリュームのアイスコーヒー「キリンラガービール」に入ってきます。すでに砂糖は入っていました。クリープは(別)。それにしてもボリュウムがすごい!!

ズーム( ^ω^ )

みてください!場所によっては半分近くまでアーモンドバターがのってます( ^ω^ )。

大きさを顔で表現。

おまけ

張り紙などによると、五つ星兵庫にも選定されている、マテンロウの自家製アーモンドバターは、各メディアに取り上げられ、毎日手作りで一つ一つ丁寧に瓶詰され、今も地元の皆様から愛され続けています。

姫路だけしかない「塗ってから焼く」このバターは焼く上がりがフンワリ、サックリと、香ばしいアーモンドと上品な甘さが魅力的です。それがマテンロウのマスターが30年間、心を込めて作り続けている、こだわりのアーモンドバターだそう。

まとめ

アーモンドトーストの美味しさをジャンプの高さで表現するカスミン↓

かすみんによると、

マテンロウのアーモンドトーストは粒は小さめで、口当たりがやわらかい。たとえるなら、ふんわり、やわらかい、パンケーキをたべる感覚にちかいね♡。

と、ジャンプする前に答えてくれました。

ブドウちゃん
店員さんによると、摩天楼には去年から登場してるかき氷が絶品とのこと、また食べにきたいと思います。

姫路民の噂では、アーモンドトースト発祥は、『あまいもん&珈琲「待夢」』との声もあるのでが、真相は不明。もしかしたら、アーモンドバター発祥が「マテンロウ」で、「アーモンドトースト」発祥が、「待夢」、ということでしょうか。???真相は不明

姫路の種Instagram勝手にアンケート

姫路アーモンドトーストの食べれるお店5選にいれてもいいの回答は。→YES84%(総回答70人)でした。みなさん協力ありがとうございます。

できる限りの店舗情報

店名 マテンロウ
住所 兵庫県姫路市花田町一本松39-1
電話 079-252-4227  *姫路の種を見たと言ってね
営業時間

7:30〜21:00
*日祝のみカフェ&レストランが19:00までアーモンドバター&お菓子販売は21:00まで。

定休日

木曜日

駐車場 あり
関連 公式HP

”兵庫県姫路市花田町一本松39-1”



ABOUTこの記事をかいた人

ブドウ ちゃん

姫路ローカル情報バラエティーサイト『姫路の種』の編集長です。1万人(匹)の似顔絵を描く伝説の男です。世界文化遺産姫路城REGGAE実行員長です。姫路ランニングコミュニティーブドウRC会長です。姫路をグローバルに進行中!昔、お笑い芸人に挑戦して6年で挫折。全世界のみなさんよろしくお願いします