世界遺産登録25周年を記念して復刻入城券が配布されるみたい!2月1日〜【今日の姫路城718日目・おしらせ】

路上のブドウちゃん
どうも!姫路城周辺をお届けする、路上ブドウちゃんです!今日(2018.1.22)は世界遺産登録25周年に向けて、復刻版入場券配布される話題です。

復刻版入場券配布されるみたい 2月1〜

(神戸新聞NEXTのスクリーンショット)

上記公式サイト三島さんの記事によると

国宝姫路城が世界文化遺産登録から25年を迎えるのを前に、兵庫県姫路市は来月1日から、入城券の復刻版を記念配布する。表面に大天守が描かれた1963年ごろの「姫路城縦覧券」で、計3万枚を作製した。

 姫路城は1993年12月、奈良・法隆寺とともに日本で初めて世界遺産に登録された。市は来年度、「世界遺産サミット」の開催など登録25周年の記念事業を展開する予定で、これに先駆けてムードを盛り上げようと企画した。

 入城券の復刻に当たり、市は過去の入城券を保存していなかったため、一般市民から「昭和38年」の発券を示す印が入った入城券の提供を受けた。

 復刻入城券は、縦8・5センチ、横11・5センチ。表面に大天守のほか、羽を広げたシラサギや瓦模様に残された歴代城主の家紋、裏面には城内建物の配置図が描かれている。

 通常の入城券を購入した人に入城口で手渡しする。無くなり次第終了する。

 姫路城管理事務所は「多くの市民や観光客に手に取ってもらい、城の公開にも長い歴史があることを感じてもらえればうれしい」と話している。同事務所TEL079・285・1146

とのこと。

世界遺産に登録されてから何年くらいたつか聞いてみました。

2018年12月で世界遺産に登録されてから25周年になる姫路城ですが。

姫路城が世界遺産に登録されてから何年くらいたつか?姫路市民に聞いてみました。結果は以下の通り。

50代男性 10年くらい
50代男性 10年くらい
30代男性 10年くらい
20代男性 15年くらい
20代女性 20年くらい
10代男子 20年くらい

と。

正解した人は無く、若年性世代の方がず〜と昔に登録されたイメージで、諸先輩がたは最近登録されたと勘違いしていることがわかった。

高年齢者の方が時の流れが早く感じていると思われます。

まとめ

路上のブドウちゃん
今日は世界遺産に認定されていることもまだ知らないピオーネちゃんと姫路城にいってきました。入り口のお姉さんに伺ったところ姫路城復刻版入場券は3万枚用意していますので是非起こしくださいという目で教えてくれました。

姫路城復刻版入場券配布

  • 2月1日から配布
  • 3万枚なくなり次第終了

◉関連記事◉
姫路城の行き方



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

姫路ローカル情報バラエティーサイト『姫路の種』の編集長です。1万人(匹)の似顔絵を描く伝説の男です。世界文化遺産姫路城REGGAE実行員長です。姫路ランニングコミュニティーブドウRC会長です。姫路をグローバルに進行中!昔、お笑い芸人に挑戦して6年で挫折。全世界のみなさんよろしくお願いします