アサヒスーパードライ姫路城ラベル26万本を売り上げ 姫路市に一部寄付!ありがとう!【今日の姫路城720日目・話題】

路上のブドウちゃん
どうも!姫路城の話題をお届けする、路上ブドウちゃんです!今日(2018.1.24)はアサヒビールが姫路城世界遺産保全のため約26万円を兵庫県姫路市に寄贈したみたいです。

アサヒスーパードライ姫路城ラベル26万本を売り上げる

産経WESTに書いてありました↓

産経WEST

上記リンク先に記事よると

姫路城の保全に役立ててもらおうと、アサヒビールは22日、昨年限定販売した「アサヒスーパードライ姫路城ラベル」(中瓶、500ミリリットル)の売上金の一部、約26万円を兵庫県姫路市に寄贈した。

 同社は姫路城をデザインしたオリジナルラベルのスーパードライを販売し、売り上げ1本につき1円を市に寄付しようと企画。昨年4~5月と8~10月の計5回にわたって限定販売した。

 同社神戸統括支社によると、当初は17万~18万本台の売り上げを見込んでいたが、姫路市内の飲食店やホテルなどから多くの需要があり、最終的に26万本を売り上げた。好評を受け、今年も姫路城ラベルを販売するほか、観桜会など城内のイベントが多くなる4月には缶ビール(350ミリリットル)の投入を予定している。

 姫路市役所で行われた贈呈式では、同支社姫路支店の久山祥二支店長から石見利勝市長に寄付金の目録が手渡された。久山支店長は「世界遺産の城を守るために役立ててほしい」と話していた。

とのこと。

いつも姫路城をおっかけている姫路の種としては「めっちゃうれし〜〜〜アサヒビールさんありがと〜〜!」と大手前通りで叫びたい思いです( ^ω^ )

アサヒビール公式サイト

アサヒビール公式サイト

上記リンクさきによると

『アサヒスーパードライ「姫路城ラベル」』
中びん500ml 1月22日(月)再発売
缶350ml 4月17日(火)新発売
~売上1本につき1円を寄付、アサヒビールは姫路市のシンボル
「世界文化遺産姫路城」の保存・継承を応援します!~

とのことで、引き続き姫路城ラベルの販売が1月22日(月)から始まっています。

なお、2017年『アサヒスーパードライ「姫路城ラベル」』(中びん500ml)の販売数量は12,893箱で寄付金25万7,860円を姫路市に寄付していただけたそう( ^ω^ )

2018年はデザイン缶(缶350ml)を4月17日(火)に新発売することで、家庭用市場へも拡大するとのこと。

うれしいい!!!

まとめ

路上のブドウちゃん
今日は大手前通りから姫路城を見つめて、アサヒスーパードライ姫路城ラベルが飲みたくなった路上のブドウちゃんがお届けしました。アサヒビールさん!ありがと〜〜〜〜!つづく。

◉関連記事◉
姫路城の行き方

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

姫路ローカル情報バラエティーサイト『姫路の種』の編集長です。1万人(匹)の似顔絵を描く伝説の男です。世界文化遺産姫路城REGGAE実行員長です。姫路ランニングコミュニティーブドウRC会長です。姫路をグローバルに進行中!昔、お笑い芸人に挑戦して6年で挫折。全世界のみなさんよろしくお願いします