旬菜キッチン2代目あさひやが駅前町にオープン!実際に食べてきた!

旬菜キッチン2代目あさひやが駅前町にオープン!実際に食べてきた!

くろみん
どうも!いろんなランチを食べてみたいくろみんです!旬菜キッチン2代目あさひやが駅前町にオープンしたので実際に食べてきました。

*情報は2019年12月5日のものです。

サニーちゃんが同行してくれました。

地図↓

住所は兵庫県姫路市駅前町238-1 一番街商店街沿いです。

場所はどのへん?

みゆき通り商店街から一番街商店街にはいって20mほど行ったところにあります。

一番街商店街ををはさんで向かいには、大塚書店があります。

オープンは11月27日

こちらです。

姫路経済新聞に、「居酒屋食堂「旬菜キッチン二代目あさひや」が11月27日、姫路駅近くにオープンした。」と掲載されていました。

また、ランチを頂いている時にお店の方が「11月27日にオープンしました」とおっしゃってました。

店内の様子

1階には厨房やカウンター席がありました。

赤い照明の階段を通って2階に上がると4人がけや2人がけのテーブル席がいくつかありました。
窓際の席は特に明るかったです。
やさしい木の雰囲気で、店内には歌謡曲が流れていました。

メニュー

店頭にこの日のランチメニューの看板が立っていました。
私は日替わり定食(ふぐの唐揚げ)980円(税込)を、サニーちゃんは日替わり定食(鶏の唐揚げ)980円(税込)を注文しました。

実食

日替わり定食(ふぐの唐揚げ)980円(税込)
ふぐの唐揚げ、大根の煮物、春雨サラダ、鯵の南蛮漬、ごはん、みそ汁、香物が一つのお盆に乗っていました。
ふぐの唐揚げは揚げたてで温かく、柔らかくておいしかったです。
ピーマンの天ぷらや、千切りキャベツも添えられていました。
大根の煮物には、大根の他に人参や鶏肉も入っていて、やさしい味でした。
春雨サラダにはきゅうりや人参、白菜などが入っていて、酢の物のような感じになっていました。
鯵の南蛮漬にはピーマンやパプリカ、たまねぎなどが乗せられていて、彩りも良くおいしかったです。

日替わり定食(鶏の唐揚げ)980円(税込)
メインが鶏の唐揚げになる以外は同じです。
唐揚げは少しカレー粉の効いたエスニックな味になっていたようです。
箸袋に上品さを感じます。

食後のコーヒーです。
かわいらしいサイズのコーヒーカップで、梅の花など和風の模様がほどこしてありました。

まとめ

旬菜キッチン2代目あさひやが駅前町にオープンしたので実際に12月6日に食べてきました。
もともとここは旬彩ごはん あさひやのあった場所です。
姫路経済新聞によると、以前のお店が閉店する事を知った現在の店主さんが、60年間続いた「あさひや」という店名を引き継いで新たにお店をオープンされたようです。
ランチにはコーヒーまで付いていてコストパフォーマンスが良く、とてもおいしかったです。

くろみん
ランチは日替わりという事なので、いろんな味を楽しめそうです。

できるかぎりの店舗情報

店名 旬菜キッチン2代目あさひや(map)
住所 兵庫県姫路市駅前町238-1 一番街商店街沿い
電話 079-221-7055
時間
 
11:30~15:00
17:30~23:00
定休日 なし
駐車場 ????
関連 姫路経済新聞

*情報は2019年12月5日のものです。

姫路近隣の開店閉店まとめ2020

2017年1月3日

◉ほぼ毎日の姫路ネタをSNSメディアでも配信↓
姫路の種&編集長ブドウちゃん関連