鹿嶋神社の様子!混雑状況・アクセス・かしわもちの店など

ジーマン
どうも!初詣ではおみくじを引かない派のジーマンです。1月3日に鹿嶋神社に初詣に行ってきたのでリポートします。

鹿嶋神社について

鹿嶋神社(かしまじんじゃ)は、兵庫県高砂市にある神社。一願成就・合格祈願の神として信仰されていて、参道の両脇には名物のかしわもちの店が並んでいる。チタンの大鳥居が有名である。

(出典:wiki

神戸新聞によると、例年、三が日に約11万人が参拝しているそうです。

アクセス

姫路駅から鹿島神社行きの神姫バスは15番乗り場です。

1月1日〜3日は正月ダイヤになっていました。通常の平日ダイヤはこちら。土日祝ダイヤはこちら

12:40のバスに乗り鹿嶋神社へ向かいます。バスの乗客は数名でした。

鹿嶋神社まで後2kmとなるも渋滞でバス進まず。阿弥陀口で下車(運賃430円)し、歩いて向かうことに。この時点で約40分の遅れ、乗車時間は約1時間。

途中であるコンビニは、鹿嶋神社まで1.7km地点のセブンイレブンが最後(たぶん)。

この先も自販機はいっぱいあり。

お正月のため臨時バス停がありました。渋滞を我慢できず途中下車しましたが、本来はこのあたりまでバスが来るようです。

お正月臨時バス停の帰りの時刻表。

自動車御祈願所が見えてきました。

「このP広いよ。最終Pまで徒歩5分。500円。」の貼り紙。

これがそのPです。空車ありました。

チタンの鳥居のすぐそばに、今日は機能していませんが、通常のバス停がありました。             

境内

有名なチタンの大鳥居がお出迎え。とにかく大きい。

参道の入り口に謹賀新年の看板が出ていました。

参道には多くの露店が出ており有名なかしわ餅のお店は4店あり、中でも山本商店が1番並んでいました。

14:30頃、鹿嶋神社到着です!人で賑う。

手水舎も長蛇の列です。

本殿に到着。無事、参拝できました。

境内にはお線香のお香が広がっていて煙たくなっていました。これも名物のようです。

たくさんのおみくじがくくりつけてあります。

本殿から脇に入る、登山コースもあるみたいです。    

おまけ

 

臨時バス停まで猛ダッシュ。15:01のバスに乗ることに成功。僕の他に乗客は4人ほど。
帰りは姫路駅までだいたい20分(運賃540円)。帰りも曽根駅らへんまで鹿嶋神社へ向かう渋滞がありました。

まとめ

ジーマン
とにかく人がいっぱいで賑わっていました。

「鹿嶋神社」

場所 高砂市阿弥陀町地徳279番地
お問い合わせ 079-447-4676
関連 鹿嶋神社HP

◉関連記事◉



ABOUTこの記事をかいた人

20代のエンジニア、ジーマンです。遊びに行ってきたシリーズで長期休暇に登場します。国内外問わずよく出かけます。