今日から姫路文学館で「宮西達也Newワンダーランド展 ヘンテコリンな絵本の仲間たち」がはじまってる

今日から姫路文学館で「宮西達也Newワンダーランド展 ヘンテコリンな絵本の仲間たち」がはじまってる

さおりんご
こんにちは!時々、娘に絵本を読んであげることもある、さおりんごです!姫路文学館で宮西達也Newワンダーランド展が催されるみたいです。

7月10日(金)~9月6日(日)姫路文学館で「宮西達也Newワンダーランド展 ヘンテコリンな絵本の仲間たち」が開催されます。

幼稚園でいただいてきたチラシ↓

チラシ裏

姫路文学館公式HPによると↓

カラフルでほのぼのとした絵、心温まるストーリーでたくさんのベストセラーを手掛ける絵本作家の宮西達也さん。
宮西さんの作品には、優しさ、友情、思いやりなど、読んだ後になんだか心が強くなるようなメッセージが込められています。ユーモアの中に孤独や愛といったテーマを織り込み、人とのつながりの大切さを伝える物語の奥行きは、子供から大人まで多くの人の心を惹きつけています。

とのことで、この展示会では宮西さんのベストセラー「ティラノサウルス」シリーズや「おとうさんはウルトラマン」シリーズなど代表作の絵本原画を中心に、制作資料、秘蔵のスケッチやラフ原稿、絵本作品のジオラマなどを展示するそうです。

まとめ

姫路文学館で7月10日(金)~9月6日(日)「宮西達也Newワンダーランド展 ヘンテコリンな絵本の仲間たち」が開催されます。絵本作家・宮西達也さんの代表作や人気シリーズの原画やラフ原稿、絵本作品の世界を再現したジオラマ展示などもあるようです。
魅力いっぱいのヘンテコリンなキャラクターたちや、ドキドキワクワク心温まる絵本の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

*姫路文学館の新型コロナウイルス感染症予防対策について詳しくはこちら

さおりんご
宮西さん作品は絵が可愛いですね。絵本のジオラマにも興味津々!

宮西達也Newワンダーランド展 ヘンテコリンな絵本の仲間たち
開催期間 
令和2年7月10
日(金)~9月6日(日)
場所 姫路文学館(姫路市山野井町84)【MAP
電話 079-293-8228
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土日の場合は開館)
料金 一般700円 大学・高校生400円 中学・小学生200円

関連 姫路文学館公式HP 

ABOUTこの記事をかいた人

さおりんご

姫路の山手育ちのアラフォー主婦。 4歳児を抱え、待機児童問題について真剣に考えていなくもない、引きこもりのウェブライター(修行中)。前職は魚町のスナックのママ。前世は桜えび。 口癖は「激しく」「かたじけない」