【姫路文学館にいこう!】アクセス・営業時間・料金情報 ・イベント・みどころ

※2019年10月2日追記


さおりんご
こんにちは!姫路文学館について、行き方やイベントなど勝手にご紹介します!

姫路文学館


(以前の記事)

Wikipediaによると、1991年に播磨地方縁の文学者達の資料の収集を目的として開館した姫路文学館。安藤忠雄氏設計の施設は現代建築の秀作として知られているほか、姫路城からほど近いこともあり、海外の観光ツアーに組まれることも多いそうです。


(出典:姫路文学館公式HP)

開館当時は北館のみでしたが、1996年に南館も開館し、現在は「北館・南館・望景亭」の3つの建物があります。また、2016年にはリニューアルオープンもしています。
北館には展示室や体験交流ひろば、講堂やテラスがあり、南館には図書室やよいこのへや、カフェコーナーなどがあります。


(出典:公式HP)

大正期の日本家屋を補修した建物、望景亭は国の登録有形文化財に登録されているそう。
こちらには40畳の和室と茶室があり、貸室対象の為、「文化的な催しにご利用下さい」との事です。

姫路文学館のイベント

9月14日(土)~11月4日(月)
生誕120年 文豪川端康成と美のコレクション展(姫路市立美術館共同企画)

◎会期中開催:「文豪とアルケミスト」パネル展示


(出典:文学館公式HP)

チラシ  

◇関連イベント◇
9月14日(土)記念講演会「時代のうねりと川端康成」
9月29日(日)川端康成日曜講座②「川端康成 その 初恋 の秘密」
11月2日(土)展示解説会
11月3日(日)日曜講座⑤「川端康成と横光利一」

※川端康成日曜講座①③④は姫路市立美術館で行われます。

◎姫路市市民会館にて開催
10月13日(日)朗読であじわう川端康成

6月29日(土)~9月1日(日)
ばばばあちゃんとあそぼう!「絵本作家さとうわきこの世界」


裏面

◇記念イベント◇
6月29日(土)さとうわきこさんサイン会
7月20日(土)えほんのじかん
7月28日(日)スティールパンコンサート「ばばばあちゃんカーニバル」
8月10日(土)つくろう!あそぼう!ばばばあちゃんまつり
8月17日(土)えほんのじかん
8月18日(日)人形劇「森のちいくまちゃん」

姫路文学館へのアクセス

◎姫路駅から徒歩約20分

【バスの場合】
JR・山電姫路駅前の神姫バスターミナル

  • 9・10・17・18番乗り場から乗車約6分、「市之橋文学館前」下車、北へ徒歩約4分
  • 6番乗り場で城周辺観光ループバス乗車10分、「清水橋(文学館前)」下車、西へ徒歩約3分

観光ループバスに乗ると姫路城入城が2割引に(乗り場・料金)【ヒメタネ観光】

2018年6月9日

【お車の場合】
駐車場50台(無料)
※大型バスでお越しの場合は事前にお知らせください、との事です。

  • 姫路バイパス 「中地ランプ」下車、北東へ約15分。
  • 山陽自動車道「姫路西I.C」下車、南東へ約25分、「姫路東I.C」下車、南西へ約25分
  • 中国縦貫自動車道「福崎I.C」より、播但連絡自動車道「砥堀ランプ」下車、南西へ約25分
  • 国道2号線より、大手前通りを北上、姫路城前を西へ約700m進み、野本眼科の角を右折約200

まとめ


(以前の記事)

大人も子どもも楽しめる施設、姫路文学館。観光やお出かけにもおすすめのスポットです!

さおりんご
姫路文学館のイベント情報、どんどん追記していきます!興味がある方はこのページをブクマしておいてくださいね~。
 

姫路文学館の詳細

姫路文学館  
        (※令和元年10月1日より入館料が変わりました)
入館料    一般300円
310円 大高生200円 210円 中小生100円
※特別展・企画展の観覧料は内容により異なります。
※常設展のみどんぐりカードの利用が出来ます。
開館時間   10:00~17:00(入館は16:30まで)  
休館日    
毎週月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(土日の場合は開館)、年末年始 
場所     
兵庫県姫路市山野井町84番地MAP
お問い合わせ 
079-293-8228
関連     
姫路文学館公式HP

姫路城だけじゃない地元民おすすめ観光お役立ちローカル完全バイブル【ヒメタネ観光】

2018年5月26日

姫路市周辺イベントカレンダー2019 

2018年10月19日

◉その他関連メディア↓
姫路の種★Instagram
姫路の種★Twitter
姫路の種★Facebook
グルメ王ブドウちゃん★Instagram
ブドウちゃんねるYouTube

ABOUTこの記事をかいた人

さおりんご

姫路の山手育ちのアラフォー主婦。 4歳児を抱え、待機児童問題について真剣に考えていなくもない、引きこもりのウェブライター(修行中)。前職は魚町のスナックのママ。前世は桜えび。 口癖は「激しく」「かたじけない」